【金沢区・磯子区・港南区の不動産情報】株式会社エムハウスTOP>ブログ記事一覧>窓を設置する位置と日差しの関係性

窓を設置する位置と日差しの関係性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
≪ 前へ|子供部屋が暗いのは、内装のせい?   記事一覧   窓の種類によって暑くなる?|次へ ≫

窓を設置する位置と日差しの関係性

テーマ:
住宅には採光のための窓が必要です。
建築基準法でも、住宅の居室には、採光上部屋の床面積の1/7以上の有効な窓を設けなければならない決まりとなっています。
一方、人間の健康を維持するために必要な窓は、設置方法を間違えると無駄な日射を取り込んでしまいます。
窓は暑さの原因ともなり、設置する方角や大きさに注意が必要です。
太陽の日射量は季節や方角により異なります。


夏場の東側と西側は、南側に比べて日射量が大きく、東側と西側の窓の設置は注意が必要です。

南側の窓は、冬場に暖かい日差しを取り入れてくれます。
南側は、窓の大きさを大きくすることが必要です。

窓には、夏の直射日光を遮る意味から、庇を検討してみましょう。
庇により強い日差しの差込を押さえることで、冷房の負荷を抑えることができます。

北側は直射日光が入りません。
美術品の制作など、邪魔にならない採光が必要な場合は、北側採光が効果的です。

都市部は住宅が密集しています。
隣地と近い部分に無理に窓を設けるよりは、中庭からの採光も勧められます。
また、周囲からの採光が無理な場合は、天窓による採光も必要です。

いかがでしたでしょうか。
​窓を設置する時は方角との関係性も頭に入れておきましょう!


横浜市金沢区の戸建て・マンション・土地をお探しなら
エムハウスにおまかせください!

≪ 前へ|子供部屋が暗いのは、内装のせい?   記事一覧   窓の種類によって暑くなる?|次へ ≫
  • 会員バナー
  • 会員登録がお済の方はこちら

  • 掲載物件数
    ロード中
    公開物件数
    ロード中
    会員物件数
    ロード中
  • お問い合わせ
  • スタッフ紹介
  • 周辺施設検索
  • お客様の声
  • アクセスマップ
  • http://ameblo.jp/matsu456/
  • 更新情報

    2017-05-25
    ブログを更新しました。金沢区新築一戸建て 六浦南2丁目新築一戸建て4号棟
    2017-05-23
    ブログを更新しました。金沢区新築一戸建て 六浦南2丁目新築一戸建て2号棟
    2017-05-22
    ブログを更新しました。金沢区新築一戸建て 六浦南2丁目新築一戸建て1号棟

    更新情報一覧

  • 会社概要

    会社概要
    株式会社エムハウス
    • 〒236-0053
    • 神奈川県横浜市金沢区能見台通1番9号
    • TEL/045-342-6564
    • FAX/045-342-6569
    • 神奈川県知事 (1) 第28548号
  • エムハウスのモバイルサイト
  • 横浜暮らシック
  • WEB予約サイト
  • 不動産総合ポータルサイトいえらぶ参加中

トップへ戻る